プリンセスガーデンBLOG

イタリア仕入れ旅行記【18】美女とグータラ

会場内は世界各地より集まったお洒落なバイヤーで溢れています。

特にイタリアのお洒落さん(ミラネーゼと言うらしい)は

頭の先から爪先までビシッshineと決まっております。

 

18-1.jpg

 

この彼女もチェックのドレスに小さめの帽子が良く似合ってます。

本当は正面から撮りたかったのですが、しゃべれないので

只の変質者shadowに思われたくないのでバックショットになってしまいました。

ゴメンナサイthunder

 

18-2.jpg

 

もう一つの写真はディスプレー用に飾った大きなクッションなのですが、

いつの間にか休憩所になっていました。

何処にでもいるグータラスタッフですね・・・ホントは私も座りたかった!!

 

次回はモデルですぞscissors

イタリア仕入れ旅行記【17】ほっと一息 ランチタイム

 

一生懸命仕事した後は??

17-1.jpg

息抜きのランチタイムですrestaurant

日本ですと会場内の食事はあまり期待できませんが、

ここはshineグルメの国イタリアshineです。

今日はラザニア、明日はリゾット、よせばいいのに昼からビールbeer

もうどうにも止まらないsign04

とにかく量が半端でなくて、帰ってみたら2キロ増pig

夏を前に何てこった! パンナコッタ! 次回は面白スナップですgood

イタリア仕入れ旅行記【16】会場で見つけた 日本人ミュージシャン?

 

当社が2年前よりお付き合いしていますアトリエ「トスカ」でのスナップcamera

どのブースもデザイナーにマネージャーそれにセールス担当のスタッフがいますが、

ここのセールススタッフ誰かに似ていませんか??

 

16-1.jpg

 

そうなんですsunアンジェラ・アキならぬナンジャラ・アキさんですbleah

とっても可愛い彼女でしたがイタリア語も話せない私は

横に座るのが精一杯でした。トホホdown

人差指で何をしようとしていたのか思い出せませんsweat02近頃少々痴呆症・・

イタリア仕入れ旅行記【15】さすが!お洒落なディスプレイ

会場内は思い思いのディスプレーが目を引きました。

ドレスをただ飾るのではなく、ちゃんとデザイナーのコンセプトが

表現されていて、見ているだけでも楽しいです。

特に目を引いたのはトルソーのヘッド部分にアートフラワーをあしらったディスプレイeye

 

Fiera-5.jpg Fiera-6.jpg

 

斬新で強烈なインパクトですね…

もう一つの写真はこのフェアのテーマディスプレイで、イタリアンカラーでデザインされたドレスが7体!

 

Fiera-7.jpg

 

どれも物凄く個性を発揮してます。

 

Fiera-9.jpg Fiera-10.jpg

 

さすがイタリア人 感性が鋭いが仕事はゆるい!!

次回は発見flair、日本のミュージシャン??

イタリア仕入れ旅行記【14】ミラノ見本市会場

 

ボンジョルノ皆さん!!

なんちゃって社長の森野ですrun

私からは今回のイタリア仕入れで目にした面白い光景や美味しい食事・そして旅行ガイドには載っていないような穴場を

こっそり皆さんにお教えしたいと思いますflair

決して為になるような事はないと思いますので気楽にお付き合い下さいね……

 

最初はまじめに、世界のファッションの発信地でもある

ミラノコレクションが開催されます見本市会場のフィエラの情報から…

 

Fiera-1.jpg

 

毎年6月の中旬に開催されますスポーザイタリアの会場は、世界中のバイヤーの熱き視線で一杯ですeye

 

Fiera-2.jpg

 

広い会場には、ヨーロッパ各地より100社以上の優れたアトリエがブース展開し

最新のファッションを展示しています。

ブース前では可愛いモデルさんが盛んにPRしている姿が見られ、

中にはインナーのモデルさんもいて思わず立ち尽くしてしまったスケベな日本人代表の私ですsweat01

 

Fiera-4.jpg

 

次回は会場内のスナップです!

ワキリエさん著 Smile WEDDING 3

 

7月30日、ウエディング・ビジュアル・ディレクター

ワキリエさんの本、

Smile WEDDING 3 が発売されました。

 

513ywp0CsOL._SS500_.jpg

 

ページを開けばあふれ出す、きらきらと輝くような美しい色彩…

本当にお洒落で可愛くて上品な、ワキリエさんの創りだすビジュアル。

プリンセスガーデンの衣裳も一部掲載されています。

また、今回でワキリエさんの著書は3冊目。

どれも、ウエディングへの夢がいっぱい詰まった素晴らしい本で、

わたしの式にも取り入れてみたい!と思えるアイディアに出逢えるはず。

まだご覧になったことのない方はぜひ、手に取ってみてほしいと思います★

イタリア仕入れ旅行記【13】カリスマ性あふれるデザイナーさんたち

ミラノの会場以外のホテルの中で展示しているメーカーもあります

今年も良いドレスに巡り会えて大収穫です!!

デザイナーさんたちとのツーショット!!camera

 

tosca-5.jpg

Designer-2.jpg

Designer-3.jpg

 

今までご紹介してきたデザイナーのみなさんも含めて

みなさんおしゃれでキレイでしょ?

 

同じ女性として生まれながらも、何でこうもちがうのでしょうかbearing

顔の大きさ、身体のバランス、足の長さ、腰の位置…

一緒に写真に収まるのは気が引けますsweat01

着るものにしても、動き回るので機能性しか考えてなかったわたし

 

もっとおしゃれにならなければ!shineと強く思った瞬間でもありました

イタリア仕入れ旅行記【12】ミラノ会場 Tosca

同じミラノの会場にあるTosca(トスカ)のブースです。

 

tosca-1.jpg  tosca-2.jpg

 

今年のテーマはcuteバラcuteでしょうか…?

ブースの正面にも入り口にも、大きなバラがシックに描かれています。

私が小さく見えるくらい(実際それほど大きくありませんが…)

インパクトがありますね。

 

さて、楽しみなドレスは……

 

tosca-6.jpg

 

………やっぱりありました!

写真ではちょっと見えにくいですが、

ディスプレイと同じ、バラのモチーフがアップリケされたトスカならではのデザイン。

シックな中にも可愛らしさがありますよね…heart01

 

tosca-7.jpg

 

ToscaのデザイナーのElisabetta Garuffi (エリザベッタ・ガルフィ)さんです。

彼女はボローニャにアトリエを構え、

母親からドレスの優雅さ、仕立ての技術を受け継ぎました。

ミカド・オーガンジーなど高価な素材、手作業での刺しゅう、

こだわりのエレガントなライン…

彼女のドレスはそのすべてが流れるような女性らしさを演出します。

 

     tosca-3.jpg

 

また、エリザべッタさんは男の子2人のお母さんでもあるのです!

家庭と仕事、しっかり両立している、現代女性の憧れですね…

イタリア仕入れ旅行記【11】Suzanne Ermannさんの紹介です

スザンヌさんの紹介をしますね。

 

suzanne-13.jpg

 

フランス・パリのクチュリエ。

フランスだけでなくヨーロッパの国々やアメリカの女の子達を魅了してやまない独特のデザイン。

 

suzanne-14.jpg

 

最高級の素材を用い、特徴的なフープとチュールがリズミカルに揺れるシルエットがおしゃれで可愛い。

ご本人もドレスと同じようにフランス人らしい、小粋でおしゃれでウィットに富んだ女性なのです

 

suzanne-15.jpg

 

スザンヌさんご夫妻の写真です!

ご主人はもっぱら営業をなさっていて、私たちの仕様変更希望やサイズをオーダー用紙に書いて下さいます。

自分のデザインを大切にしながらも色々な提案をしてくださるしっかり者のスザンヌさんと、

ちょっとおっとりしたご主人と、とても素敵なお似合いの2人ですheart04

 

ショーで見たドレスの細かい部分を改めて見直したり

ベールやヘアードをアレンジしたりして、注文をしてきました。

 

suzanne-18.jpg suzanne-17.jpg

suzanne-16.jpg

 

ドレスを着て幸せそうに微笑む日本の花嫁を想像するだけで楽しい。

きっと皆様に喜んで頂けると思います。

楽しみにしていて下さいね!

イタリア仕入れ旅行記【10】Suzanne Ermann ファッションショー

続いて、ミラノの会場で行われたSuzanne Ermannのショーへ…。

今回はちょっと長くなりますが、おつきあい下さいねflair

 

いつも「おしゃれで可愛い!」ドレスは私たちの期待以上に素敵です。

どんなドレスでショーがはじまるか…胸がワクワクheart02します!

彼女のドレスはプリンセスガーデン・ロイヤルプリンセスの中でもひときわ個性が光るドレスです。

用意された席につき、反対側の席の、色々な国から来た人たちの人間ウォッチングをしていると…

 

suzanne-2.jpg   suzanne-3.jpg

 

音楽がはじまり、ざわめきがしずまりました… さあ、いよいよだ!

suzanne-1.jpg

 

あれっ? いきなり可愛い女の子が一人で登場です。

 

suzanne-4.jpg

 

こんなに小さくても一人のモデルさんなのですね。

 

suzanne-5.jpg suzanne-6.jpg

 

ちなみに胸元に刺しゅうされた「oui〈ウィ〉」はフランス語で「はい」という意味。

フランス語は文字になってもおしゃれですよね。

…感心ばかりしてないで、どのデザインが日本の花嫁に合うのか、しっかり見なくてはeye

次々とスザンヌの特徴でもある、クリクリと可愛いドレスが登場してきます。

 

suzanne-7.jpg suzanne-8.jpg

suzanne-9.jpg suzanne-12.jpg

 

うーん、迷うなァ…どれをみても可愛くて、誰にも真似が出来ない空気感。

さすが!ですね。

そして、いよいよラストのドレスがデザイナーであるスザンヌにエスコートされて登場!

 

suzanne-11.jpg suzanne-10.jpg

 

スザンヌ独自の世界観が表現されています。

ランウェイの途中で女の子と「パチン!」と手を合わせるところがとても自然で小粋。絵になります。

短い時間ですが、楽しかった!!