プリンセスガーデンBLOG

新創刊!〈横浜・湘南Wedding〉に掲載されました

 

憧れの横浜ウエディングをお考えの花嫁様は必見!

 

61Jgvie-cgL._SL500_AA300_.jpg

 

9月15日に新創刊された⟨横浜・湘南Wedding⟩

横浜・湘南エリアのウエディング情報満載の記念すべき巻頭特集に、なんと

⟨ロイヤルプリンセス⟩のドレスが掲載されました!

横浜の会場《ザ・クラシカベイリゾート》とのコラボレーションです!

ちょっとだけページをご紹介…

 

YSW-1.jpg YSW-2.jpg

 

光溢れる空間に、最上級ドレスならではの素材感がマッチ。

ゲストをうならせる、洗練のプリンセスコーディネートはぜひ参考にして欲しい、すてきな特集です。

 

もちろんドレスの他にも神奈川エリアの会場、ジュエリー情報が盛りだくさんで読み応えある一冊。

横浜・湘南エリアならではの個性を活かすお役立ちアイデアなどもあるのでぜひご一読を!

 

イタリア仕入れ旅行記【27】偉大なる ダ・ヴィンチが・・

 

ガレリアを通り過ぎるとダ・ヴィンチの銅像が建つ広場に出られます。

一番高い所にダ・ヴィンチが、下には弟子達が支えている像ですが、

良く見るとハトのフン攻撃でかたなしでした・・・wobbly

 

27-1.jpg27-2.jpg

 

ダ・ヴィンチの正面はイタリアオペラで有名なオペラハウスがデ―ンshineと構えております。

 

27-3.jpg

 

この写真は私達のホテルの近くのミラノ中央駅の建物でこれが又立派な建物で、

大理石と彫刻で流石ミラノの玄関口という感じ旅人を迎え入れてますね・・

いよいよ私のブログも佳境になって来ましたよpunch

イタリア仕入れ旅行記【26】何と牛の ポコ*ンが・・

 

ここのガレリアにはトレビの泉と同じく伝説shineがあります。

アーケード中央にあるモザイクの牛taurusのポコ*ンの所にカカトを当てて

せーので一回転出来ればもう一度ミラノに戻って来られるairplaneという物です。

 

26-1.jpg26-2.jpg

 

ご覧の通りモザイクの牛taurusのあそこは何年に渡って痛めつけられ

石のモザイクがあんなに凹んでしまいましたshock

私もお上りさん宜しく一回転のつもりが昨日の深酒で

半回転のみ・・・とほほsweat02 来年は引退かdown

イタリア仕入れ旅行記【25】でた― グッチのカフェ

 

同じくガレリアの中にグッチのショップもありますが、

何とカフェも併設してありましたのでちょっと一杯しゃれてみましたcafe

 

25-1.jpg

 

コーヒーはイタリア人は普通、濃くて少ないエスプレッソですが

アメリカンも選べました。

値段は600円位だと思いましたが、何とグッチのブランドロゴ入りの

チョコレートも付いて来ました。さすがグッチ、チョコまでグッチ!!

 

25-2.jpg25-3.jpg

 

また隣のイタリア人達は何やってもさまになりますねぇ・・

くやしいーです!!bearing

イタリア仕入れ旅行記【24】見つけた総本店

 

ガレリアの中は素敵なブランドショップが沢山。

中でも目を引くのはプラダbagの何と本店です。

 

24-1.jpg

 

ここでしか買えない物も有りますし

包装紙には本店のマークが入ってます。

三越の包装紙に弱い方には、プラダの総本店のお土産presentはたまらないかも??

 

24-2.jpg

 

ZUCCAはカンパリソーダbarの発祥のカフェです。

 

24-3.jpg

 

それと世界中何処にもあるマックfastfoodですが何とミラノ・ガレリアの中にもありました。

赤マックでなく黒で統一している所は多少気を使ったのか???

値段は分からずですcatface

イタリア仕入れ旅行記【23】思わずウワッ

 

ドーモに引き続いて目を引くのはeye

隣の建物でガレリアと呼ばれるアーケード街です。

 

23-1.jpg

 

19世紀後半の建物で3階建?の1階部分には

 

素敵なブランドショップbagboutiqueやカフェcafeが沢山並んでいます。

ミラノではドーモとガレリアが何と言っても人気スポットで

世界中のお上りさんが集まって来ています。

帽子にリュックに一眼レフカメラcameraという典型的な日本人スタイルも

健在でしたね・・・

次回はお洒落ブランドショップの紹介ですhappy01

イタリア仕入れ旅行記【22】ビバ・ミラーノ!

 

イタリアはピザやパスタだけの食の町ではありません。

素晴らしい観光都市でローマをはじめベネチア・フィレンツェ・ナポリなど、

どの街も最高にステキlovelyです。

中でもここミラノは歴史的建造物がザクザクshineで、

その代表がドーモと呼ばれるゴシック様式では世界第2位の大きさを誇る教会です。

22-1.jpg

初めて見た時には、余りの大きさと他を寄せつかせない位の崇高さで

しばし見とれておりました。

外壁工事に数年かかってましたが、

今年は一番高い塔のマリア像のみ工事中wrenchでした。

22-2.jpg

完成間近かsign04

イタリア仕入れ旅行記【21】イタリアの99の岡村さん??

 

 

前回登場の通訳の萩原さん紹介の

サルデニア料理のレストラン「イゾロット」です。

21-1.jpg

 

サルデニア島の料理でシーフード満載でcancer

アベリテフも取り分けてくれるし、パスタも何と2種類盛りしてくれる親切な所です。

 

またサービスをしてくれる陽気なイタリア人スタッフが最高good

 

21-2.jpg

 

中でも左側の小柄なハゲ(失礼)さんは

皆からナイナイの岡村さんと呼ばれていました。

 

21-3.jpg

 

それと醤油・からし・わさびは海外旅行の必需品です。

これさえあれば世界中どこに行っても大丈夫!!三種の神器ですぞ

イタリア仕入れ旅行記【20】通訳さんと素敵な旦那さん

英語がダメな私達、

勿論イタリア語なんてとんでもないbearingthunder

頼りになる仲間の紹介です。

 

20-1.jpg

 

もう5年以上お手伝いをして頂いている通訳の萩原さんです。

静岡が実家で単身イタリアに行って素敵な旦那さんを見つけてゴールインringheart04

そのままイタリアに在住し通訳やイベントのお手伝いをしています。

とっても優しい旦那さんは日本の当社に来られた時に

サプライズで打掛と紋付を試着してスナップをプレゼントしたら大喜びnotesでした。

 

次回はここのレストランの紹介ですhappy02

イタリア仕入れ旅行記【19】気になるあの子

イタリアの女の子はファッションに敏感。

タトゥもファッションの一つとして

何の抵抗もなく入れている子が沢山います。

中でもこのモデルさんは日本びいきfujiなのか

肩に何と「力強」punchという日本語の二文字が彫られていました。

 

19-1.jpg

 

彼が日本人だったのかなぁ・・・

イタリア人は若い時はすらっとスリムな可愛い子heart01

年を取るとぷっくりどっしりのおばさん。

ちょっと面白い対比でしたので失礼して1枚撮らせて貰いましたcamera

 

19-2.jpg